会長指針

ごあいさつ


『命を守ろう』

                                                             三国ロータリークラブ
                                              2019-20年度 会長 藤井 俊哉
 

【基本方針】
 2019−20年度、国際ロータリーのマーク・ダニエル・マロニー会長は「ロータリーは世界をつなぐ」のテーマの下「ロータリーの奉仕を通じて、有能で思慮深く、寛大な人々が手を取り合い、行動を起こすためのつながりを築いて参りましょう。」と提唱されました。これを受けて2019−20年度、国際ロータリー第2650地区の佐竹力總ガバナーは、地区スローガンを「伝統と革新 世界はひとつ」と定め「善意と奉仕の心」を礎に、常に革新し続けることによりロータリーの伝統を守ると決意されております。  
 さて、我が国においては「平成」の御代が終わりを告げ、新しい「令和」の時代が始まりました。令和には「一人ひとりが明日への希望と共に、それぞれの花を大きく咲かせることが出来る」という願いが込められています。そんな希望に満ちた時代が幕を開けました。しかし、一方世界に目を転じると「自国第一主義」に象徴される「分断」の時代が続いております。寛容な精神が失われ、世界中で紛争、テロ、暴力の連鎖が絶え間なく起き、その影響で幼い子供達が、苦しみ、命を落としています。「分断」の時代だからこそ、絆、連帯を強め、今こそ、世界中に広がるロータリーのネットワークを活かして、本当に救いを求めている、紛争、災害、病気、貧困に苦しむ子供達に支援の手を差し伸べることが出来ればと思います。  また、国内では、少子高齢化が加速し、高齢者の社会的孤立や介護難民の増加を招いております。こうした人々への支援もまた喫緊の課題でありましょう。こうした社会的弱者への人道的支援こそが現在求められているものであり、RI会長の掲げるテーマにも合致するものと考え、本年度のクラブテーマを“命を守ろう”とさせて頂きます。何卒、御理解の上、御協力、御支援の程宜しくお願い申し上げます。

(運営方針)
1.会員増強による、クラブ運営の安定化及びクラブ基盤の強化
2.人道的奉仕事業の企画立案及び実践
3.地区補助金を利用した事業の実践
4.ホームページの実効ある活用による情報発信等によるPRの強化
5.姉妹クラブ提携への模索
6.全員参加型のクラブ運営
  三国ロータリークラブは、先人が築いてきた伝統と歴史の中で幾多の苦難を乗り越え、本年度創立45周年を迎えます。この節目の年にクラブの更なる発展を期し、微力ながら全力を尽くす所存で御座いますので、会員の皆様方の御指導、御支援を宜しく御願い申し上げます。

 
                                                   以上